Pocket

木のスプーンシリーズ(バージョン2)

1629spoon2

(写真は杉のスプーン)

使用木材 大分県/豊後大野~佐伯市因尾山中で伐採された材料を使用しています。カキシブとミツロウにより表面を塗装し防汚、防カビの処理をしています。

 

S 小さなスプーン 15cm

M スープが飲みたくなるスプーン 20cm

L 料理が上手く見えるスプーン 30cm

枝 枝そのまんまスプーン 20cm

 

1602242

(写真はサクラスプーン)

解説

マウンティンビーの定番アイテムといえるスプーンシリーズ。現在は造形の楽しさに加え実用を検討した加工を行いスープなど汁物に対応した深彫り、炒飯などに対応した浅彫りのシーンに合わせて使い分けができるようなデザインになっています。小さいスプーンはアイスクリーム、プリン。中サイズはカレー、ナシゴレン、大サイズはとりわけ用にポテサラ、チェブジェンといったようにユーザー設計がされている。

 

 

天然の枝から造形を行っており枝なりの曲がりが柄のアクセントになっておりナチュラルな曲がりを表現している。こんな枝みたいなスプーンが使いやすいとは思えませんが、使う人間のイマジネーションは壮大です。大半が利用ケースにおいて適合ができてしまいます。木製品なので使用後は布巾で軽く拭いて乾燥が必要。メンテナンスでは油の塗布などをお勧めしている。脂っこい食事でも同様の結果が得られるが健康を気遣うのであれば程々にしておきたい。スプーンがギラギラしてくるようであれば油分の採り過ぎの可能性があるので健康生活のバロメーターとしても使用できる。

 

 

img_0378

(写真はケヤキスプーン)

樹木は杉、ヒノキ、サクラ、カゴノキなど。 生育と森林のバランス、スプーンを作るとよさそうな樹木を伐採するところから作業をしているため季節やタイミングによって製造されるスプーンは様々。マウンティンビーでは原材料を山に生えている状態で管理しており加工前に伐採を行うジャストインタイム方式を採用しています。 形状は様々ですが使用感においては上記の通り、いずれかの食事を想定し造形が行われています。

 

 

 

20160325bs1

(写真はサクラの枝スプーン)

 

 

Creemaのwebストアからご注文いただけます。

オーダーやご質問などについては当webページよりご連絡ください