Pocket

about1

マウンティンビーでは天然木の生木を使用して製品の製造や体験教室などを行っています。山の中に生えている木をそのまま使って何かを作るという体験はあまり無いと思いますが、何を作るかによっては庭木でも楽しめる身近なホビーだと思います。マウンティンビーはチェンソーや斧などの大型刃物、細かい器具などの紹介、何かを作る事、作例などを紹介していきます。

 

これらの情報は普段の生活に全くなさそうなのですが、庭の木が邪魔なんで伐ってくれという話はわりとあったりしますので生木を手に入れる事はそんなに特別な事ではないでしょう。マウンティンビーでは部材の供給を行う予定になっていますので、興味がある方「週末に家で新聞紙を広げて木を削ってスプーンを作って晩御飯のカレーをそれで食べてみたい」といった方もご安心ください。木工文化は古来より人と共にあります。特に日本は森林大国でもあります。

 

 

0921005

板や棒に加工されたものをホームセンターで購入したものと天然の木材を割ったり削ったりして作った木材はどのような違いがあるのか? 木は木なのでどれでも一緒なのですが、木材は植物であり繊維による構造体です。大型機械により加工されるプロセスを省いていますので、「木に逆らってはいけない」とか「木の目の通り」をその指先で刃物を通じて感じ取ってもらうというのも素晴らしい事ではないかと考えます。扱いが悪いとカビが生えたりしますので木工製品は扱いが難しいともいわれていますが、伐ってみたり、作ってみたり、使ってみたりと様々な方面で木を暮らしの中に取り入れて楽しんでいただければ「扱いにくさ」が「上手く扱える」に替わり、新しい木製品との出会いがあると思います。

 

 

about3

環境保護は野放しの自然では無く、人の立ち入る山地である必要があると考えています。植え過ぎた針葉樹の問題、ジャングル化した国有林や手のつけられない雑木林、山主不在の私有林、竹害など。山に分け入り何かをしてみたい!こういう事に興味がある人、ナイフ片手に山林に出かけてみませんか?