Mountainbyについて

マウンティンビーってなんだ?

 

マウンティンビー(Mountainby)は大分県屈指の林業地域である佐伯市本匠の奥地、因尾(inbi)に拠点においています。天然木による木工製品を開発しているメーカーです。大分県で採取された天然木の造形をアクセントとして使用したり一本の原木から板を削りだしたりする古来の技術と現代のテクニックを合わせた製品を発信しています。

 

 

マウンティンビーでは天然木の生木を使用して製品の製造や体験教室などを行っています。山の中に生えている木をそのまま使って何かを作るシンプルな方法でいろいろなアイデアや製品をお届けしています。使ってみるのも楽しいですけど「週末に家で新聞紙を広げて木を削ってスプーンを作って晩御飯のカレーをそれで食べてみたい」といった人たちが増えてくると面白いかなと思い活動しています。木工文化は古来より人と共にあります。特に日本は森林大国でもあります。

 

 

木を割ったり彫ったりしています

板や棒に加工されたものをホームセンターで購入したものと天然の木材を割ったり削ったりして作った木材はどのような違いがあるのか? 木は木なのでどれでも一緒なのですが、木材は植物であり繊維による構造体です。大型機械により加工されるプロセスを省いていますので、「木に逆らってはいけない」とか「木の目の通り」をその指先で刃物を通じて感じ取ってもらうというのも素晴らしい事ではないかと考えます。生木なので扱いが悪いとカビが生えたりしますので扱いが難しいともいわれていますが、伐ってみたり、作ってみたり、使ってみたりと様々な方面で木を暮らしの中に取り入れて楽しんでいただければ「扱いにくさ」が「上手く扱える」に替わり、新しい木製品との出会いがあると思います。