今日のスプーン カヤの木

マウンティンビーでは大分県佐伯市などで伐採された樹木を使用してスプーンを作っています。今回は高級材料としてしられているカヤの木で作ったものを紹介します。

 

将棋盤やそろばんの珠にも

木目の良さや湿気などにも強く保存性が良い材料で古来より珍重されています。大きなカヤの木は珍しいので将棋盤などが作られて端材は将棋の駒まで使用されています。頑丈なので建築や舟の材料としても使用されます。昔はカヤもいっぱい生えてたのかもしれませんが今はあまりないので一枚板とかで買うととても高そうです。マウンティンビーはスプーンつくっちゃいますけどね

 

 

生木をあたっているとニッキ(シナモン的な)芳香があります。乾燥するとだいぶ匂いがなくなります。色味は白っぽいですがほのかに黄みがかっています。乾燥してくると軽く、仕上がりも滑らかです。これは上品でカッコいい材質だと思ですね。

 

いろいろな木があります。私も日々発見なのですが、実際使ってみたり見てみると、それぞれ個性的なのです。webページでも販売していますがご興味があればお問い合わせからお気軽にメールくださいませ