今日のスプーン ウリハダカエデ

マウンティンビーでは天然木を使用(山にある木を直接つかいます)のであんまり出回らない材料でのスプーンが出てきます。ウリハダカエデもその一つでこういう素材でつくりました!というスプーンはあまり流通していません

緑の樹皮をもつ変わった木です

名前の通りカエデの仲間で若木は樹皮がウリみたいなのが特徴です。歩いていると特徴があるのですぐにわかるでしょう。木の方は軽量で白いです。マウンティンビーでは柿渋を塗っているのですが良い色合いがでています。

 

 

山にあるいろいろな樹種を削っています。これはスプーンにぴったり!とかお皿にすると良い!みたいな木に出会えるように森林散策と木工をバランスよくやっていきたいものです。

 

ウリハダカエデスプーンご希望の際には当ホームページのお問い合わせコーナーなどからご連絡ください、そのほかCreema内にてもいろいろな樹木を販売しています