彫って作ること

マウンティンビーは山林生まれの木工なので電気がありませんでした。木は大きくて重いので割ったり彫ったりして山の中で材料を作る事を研究しています。

 

木を割ったり、斧で粗造形をしてたりします。一部では有名ですが山の中で加工する分には掃除する手間が省けます。木工は家でやったら片付けが大変なのです。

 

彫るかたちに合わせて刃物もいろいろ

ノミとかナイフとかも使います。斧からノミ、彫刻刀やナイフへと使う刃物も小さくなっていきます。適材適所とは大工さんの「使う材料が適切でなければ家が長持ちしない」という言葉ですが、道具も同様に手仕事ではいかに楽にするかがポイントでもあります。

 

マウンティンビーでは用途に合わせてスプーンを作っていたりします。あなたは暮らしに合わせてどんな道具をつかっていますか?