今年も稲刈りが終わる

夏が終わり秋です。実りの季節になりましたのでかれこれ何年目かの稲刈り手伝いに小原農園さんに行ってみました。

 

今年もいっぱいできました

田植えの時期からかなり遅れたのですが収穫をして掛け干しをしている風景です。本人がマムシにかまれて入院していましたので田植え自体が危ぶまれましたが、足りないところはみんなで集まって無事にお米ができました。

 

ご近所で最近農業を始めたという若者。二十歳の若さで農業を志すイケメンが登場しました。このように若い世代がiphone片手にひょいと現れて作業をしている姿を見ていると世代交代の流れを感じずには居られません。これからが楽しみですね。

 

手伝う人や行き交う人はさまざまですが、自然に携わる景色は変わらない安心感みたいなものがあります。こういうところに行くと人間はちっぽけな存在だなあと思いますが、人生までちっぽけではいけませぬので田植えとか稲刈りの定点観測で「最近の私はどうなのか」と姿勢を正しながら冬を待っているのです。

そんな最近ブログをさぼりがちなマウンティンビーの製品はこんな感じです